かたあきの里 11月・12月割引プランの販売開始 宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス 宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス

里のブログ


砂川善榮さんの黒糖

黒糖づくりに励む砂川善榮さん(80歳)。

今も変わらず昔ながらの素朴な製法で作っています。

黒糖づくりは冬場だけ。

大きな釜に原料となるサトウキビの搾り汁を入れ、薪で火をおこし、火加減を調整しながら煮詰めていきます。

宮古で一番小規模な黒糖づくりかも。この小屋の一角で作業が行われています。(下)

建築現場から出た廃材も利用しています。(この火加減が難しい)

火にかけて一時間。ここから約二時間さらに煮詰めていきます。

煮詰めて水分を蒸発させて、焦げる寸前で釜を移し徐々に冷まします。

丁寧にかき混ぜアメ色の艶が出たら完成間近。

こうして出来上がった黒糖。是非、ご賞味下さい。

販売は「かたあきの里」のみ行っております。数に限りがございますので売り切れの際はご容赦下さいませ。