宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス 宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス

里のブログ


「古民家・東江屋紹介」

青く澄みきった島の空をアカハラダカが舞う季節♪

肌を焦がすような暑さの中にあっても

秋のはしりを告げる話題がニュースになってます。

さて、里の方では

古民家・東江屋の人気が上々♪

宮古島初の移築再生された古民家・東江屋

紹介しましょう~♪

見かけは新築ですが、骨組みの部分には古材が使われています。

☆柱・梁など骨組みとなる部分の50%は古材を使用☆

☆専門の職人の手によって組み立てられました☆

両側に瓦を配置した白い小路が古民家へといざないます♪

 

風がゆっくりとながれてゆく・・・1番座・2番座

☆欄間や床柱も。移築前の東江家をしのばせる☆

☆東江家の歴史を育んだ背比べの柱もそのままに・・・☆

 

最新の設備を備え古さと新しさを融合・・・快適な住まいを実現☆

☆お風呂は中と外にそれぞれ設置♪開放的な外風呂が好評☆

 

☆里自慢の庭は、岸本氏(故人)が30年手入れをした松を譲り受け移植☆

☆一番座の縁側から松の一本〃が愛でられるように配置されております☆

 

2015年の解体から始まり、

たくさんの方々の熱い想いと卓越した職人の技術によって

移築・再生された古民家・東江屋☆

名護の築60年の赤瓦木造住宅は、今、宿泊施設として蘇り、

第二の歴史を刻んでいます。11月10日には、東江家ゆかりの皆様を招いての内覧会も企画中。

☆古民家・東江屋 皆様のお越しをお待ちしております☆

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA