宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス 宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス

里のブログ


火星が大接近

ここ数日、口を開けば「暑い」・・・。梅雨はどこに行ったんでしょう?
旅行中の皆様は本当にラッキーですね!宮古島はGWも終わり梅雨に入り、観光するにも空いてるし
海はキレイだし夕日もキレイだし、夜空もキレイだし、言うこと無しですね♪

東洋一の美しさ前浜ビーチ
晴れると海も一層キレイです

さて、そんなキレイな星空31日まで見れるといいんですが・・・
5月31日は、火星の大接近の日なんですよ~
難しい説明は、専門家の記事を読んでくださいね~↓↓
火星が地球に最接近 国立天文台
最接近といっても数千万キロの彼方なので、なんだかよく分からないような気もしますが^^;
ただ、最近は夜空を見上げるとやっぱり火星が一番輝いて見えますね!

夜11時頃の南東の空です
さて、火星はどこでしょう?

現在火星は夏を代表する大きな星座さそり座のすぐ近くにあります!
さそりの頭と腕の辺りで誰よりも煌々と輝いているのが火星ですね☆
宮古島では23時頃にさそり座が尻尾まで見えるんですが、東京では体半分くらいでしょうか?

 

さそり座には「さそりの心臓」と呼ばれる一等星アンタレスがあります。
アンタレスの語源は「アンチ・アーレス」=「火星に対抗するもの」と言われるほどで、火星同様真っ赤な星なんです。
しかし、この時期並んでいる姿を見ると、接近してくる火星にはどうも対抗できていないように思えてしまいます・・・

 

でも、実は火星とアンタレスを比べると、対抗するどころかアンタレスの方が確実に強い(?)んですよ。
まず、火星の大きさは地球の半分くらい。対してアンタレスの大きさは太陽の700倍。(ちなみに太陽は地球の109倍)
最接近している火星の地球からの距離は7,528万キロ。アンタレスまでは約500光年。(光は1秒間で30万キロ進みます)
火星は地球同様、太陽の光で輝いて見える惑星。アンタレスは自分自身が光を放つ恒星。(表面平均温度はそれぞれー55度と3,500度)
もし同じ位置に並んだら、火星燃え尽きちゃうでしょうね・・・

youtube 星の大きさを比較
↑この動画見てみてください。地球くらいまでは、「やっぱ地球すごいな~」ってなるんですが
そこからもう・・・フフ。ってなります。笑

 

実際既に火星かなり大きく見えてますので、宇宙を感じに星空鑑賞に出かけてみて下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA