宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス 宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス

里のブログ


スーパームーンはお預け・・・?

宮古島の宿泊施設「かたあきの里」
また来ちゃいましたね

シルバーウィークを過ぎてくれたのが不幸中の幸い。また暴風域を持たない台風の為、そこまで勢力の強い台風では無いようですが、いつもの通りご用心下さい。

いやはや。おかげさまで今月末のビッグイベント、2夜連続の「中秋の名月」と「スーパームーン」は、宮古ではお預けとなりそうですね・・・

宮古島の宿泊施設「かたあきの里」
27日は中秋の名月

名は浸透している「中秋の名月」ですが、結局の所何なの?という方にご説明していきましょう。
中秋とは旧暦の8月15日の事。旧暦では、1・2・3月が春、4・5・6月が夏、7・8・9月が秋・10・11・12月が冬とされます。またその季節に属する月を「初・中・晩」と更に細分化するそうで、旧暦の8月15日は秋の真ん中。その為「中秋」と呼ばれるのです。「初夏」とか「晩秋」もこの所以ということですね。

旧暦では新月の日を月の始まり1日と置きそこから15日目の月が「十五夜」と呼ばれます。という事は、十五夜は実は毎月あるんですよね。その中でも旧暦8月の十五夜は、気候も良く月の高さや明るさも程よく、ススキなど月明かりに照らされる自然も美しく・・・という様々な好条件により月見日和とされ、名月とされてきたようです。

 

月の満ち欠けの周期は約29.5日。(これ以前ブルームーンのお話のときにもやりましたね。)新月から15日目ということは、ほぼ満月に近いのです。なので、十五夜と言えば満月のイメージなのでしょう。しかし、厳密に言えば満月ではありません。
それを証拠に、今月は中秋の名月の翌日、28日が満月であり、しかも1年のうちで一番大きな満月「スーパームーン」なんです!

スーパームーンは名の通り。スーパーなんです。大きいんです。毎月見られる満月の中で、2015年は9月の満月が一番地球に接近している状態なんです。

宮古島の宿泊施設「かたあきの里」
地球に接近しているとは?

(画像はキャノンサイエンスラボ・キッズより引用)
月は地球の衛星=地球の周りを回っている、というのは皆様ご存知かと思います。ただ、その軌道は上の画像の通り楕円形なんです。その為、地球に近付く時期と離れる時期があるということですね。一番大きい時と小さい時の距離の差は約5万キロ!!地球の周囲が約4万キロですから、地球1周分より離れているということなんですね。

 

ちなみに上の話のうんちくを一つ。世の中には様々な苗字の方がいらっしゃるかと思います。その中で「八月十五日」と書いて「なかあき」さんとお読みする方がいるそうですよ。お月見の際にぜひ誰かに教えてあげましょうね^^
沖縄以外では恐らく中秋の名月もスーパームーンも観測できると思いますので、ぜひ皆様27.28日は夜空を眺めてみて下さい☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA