宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス 宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス

里のブログ


「花の王国」

すっごい、ネーミングでしょ。正式名称は、「宮古島市熱帯植物園」。その中に、出来た施設。なんでも、世界的に著名なガーデナーのデザインとか。えっ、どこにあるかって?実は、かたあきの里の道向かいなんです。徒歩で1分。なんか、得した気分がするサンちゃんなのです。

表玄関。なんと、宮古の植物を中心にしたエアーアーチ(と言うらしい)。
玄関から100mほど入ると、こんな池が。以前は、普通の芝の広場だったが、なんとも随分動きがある庭に生まれ変わった。
花あり、水あり、流れあり、石橋も。何とも贅沢な空間だ。
近くに来ると、結構大きい水音。足でも濡らしたら、涼しいんでしょうね。憎い演出。
周囲の緑が水面を覆うようになったら、もっとすごいんだろうな。いろんな計算がされている。

4 thoughts on “「花の王国」

  1.  おーぉ、びっくらこいた。もうこんなに緑が充実したのかと、、、要するに、ここは「かたあきの里」の別館ならぬ別庭(べってい)というわけで。うまくやりましたな。

    1. tandegaさん、そうなんですよ。まさに「別庭」。朝の散歩でもしたら、きっと・・まだしてなかった。それにしても、緑の活かし方とか、勉強になります。

  2. 行きましたよ朝の散歩に「気持ち良かったー」ちょっと洋風な感じもして別世界ですね。しかもタダ、朝から儲かっちゃった気持ちになりました

    1. 会長さん、もう少し絡みたかったんですが、ちょっと残念な気がしてます。また、是非。この庭、あまりに近いので、地下通路でも造ろうかと・・無理か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA