宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス 宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス

里のブログ


ヘゴ、届く。

かたあきの里は、言うまでもなく、宮古島にこだわった施設。ですが、これだけは許して頂こう(誰に?)。里の応援団長・tandegaさんより、ヘゴとコーヒーとカーブチー(シークワーサーと同じ様な)の苗木が届きました。「ヘゴは、必要ですか?」のメールに即「欲しい!」の返信。何を隠そう、サンちゃん、大のヤンバルファン。そのヤンバルの代表的な植物が、ヘゴなんです。巨大シダ、と言ったら、たいていはわかるかな。確かに、宮古在来の植物ではありませんが、そこは、柔軟にお許し(皆さんに?)頂いて、里の目立たないところに植えます(笑)。と、いうのも、このヘゴ君、正式名称は「ヒカゲヘゴ」。日向に植えるとダメなんです。ただ、4〜5年もすると、里の赤瓦屋根から顔を出すほど伸びます。今から、楽しみです。

ヘゴの赤ちゃん。かなりの株が。大切に育てなきゃね。
コーヒーの苗木。ホントに実がついたらどうする?と、スタッフ一同、今からワクワクです。
ところで、このヘゴ君。tandegaさんが、ヤンバルに出かけてS子女史と一緒に掘り起こして来た由。「想像つかな〜い!」とは、N子さんの感想でした(許してやって下さい)。

2 thoughts on “ヘゴ、届く。

  1.  葉っぱもしおれずに届いたんですね。超ミニな赤ちゃんヘゴですが、育てるのを楽しんでください。ミカンの苗は「カーブチー」でして、ワタクシ的にはミカン類の中で一番おいしいと思っています。自宅の広大な庭の片隅にでもどうぞ。

    1. とてつもなく、返事が遅れてスミマセン。ヘゴ君もカーブチー君も、そしてコーヒー苗?君もみーんな、かたあきの里の庭に収まりました。後ほど、写真アップしますので、しばらくのご猶予を。それにしても、赤ちゃんヘゴなんて、初めて見るし、こんなに小さいなんて想像もしなかった。来年のツールド宮古島まで、しっかり育てておくので、楽しみにしていて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA