宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス 宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス

里のブログ


落成式典間近。

きょうから7月。久しぶりのブログ更新です。この間、サンちゃん、外構工事に係っきりでした!と、言い訳をお許し下さい。で、少々、古い写真もありますが、この間の様子を少しだけ紹介。

かたあき屋(事務所棟)の植栽。黒木。大きくなると、芯の部分が三線の竿の材料となる、宮古島では、ポピュラーな木なんです。でも、成長がとっても遅く、これで樹齢は10年を余裕で超してます。50本余を植栽しました。
里のシンボルツリーは、松。だけど、庭木がないと・・ということで、このキャーギ(本島は、チャーギ)。宮古島では、うやき(金持)木との別名も。昔は、この木を育てて、家具や柱材にしたらしい。
だいばん屋とまちゃがま屋の間の通路。布積石を中央に配し、周囲は、サンゴ砂利が入る予定。
植物園に面した道路の石垣。里の石垣の総延長は?百m。その内、実測致します。石垣の内側は、こちらも樹齢10年余のキャーギ。ここだけで20本近く入りました。

2 thoughts on “落成式典間近。

  1.  お疲れさんです。本格オープン、楽しみです。コンセプトは「木造瓦ぶきの100年住宅」だし、じっくり育てよう。

    1. tandegaさん、忘れずにのぞいてくれて、すでぃがふう。ここまで来るには、いろんな勉強になる事がありました。感慨深いです・・・と、思うのは、まだ早いですよね。9日には、落成式典の運び。ブログも怠けないようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA