宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス 宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス

里のブログ


つんぷん。

沖縄本島でいう「ひんぷん」。宮古島では、「ひ」が「つ」に変化します。宮古でこのつんぷんが残っているのは、おそらく1〜2カ所。もっともサンちゃんは1カ所しかしらない。そこは、石灰岩を加工した本格的なつんぷんで、市の文化財になっていたりします。

それからすると、里のつんぷんは、「正当派」ではありませんが、「独創」と言えなくもない、なんてスタッフ一同納得しています。

これが、だいばん屋のつんぷんです。ソテツやオオタニワタリが一枚岩に張り付いております。
家側からみた表情。左の独立した石は、照明用のボックスを設置する必要があるための苦肉の策。
片方の塀がまだなので、今ひとつピンときませんが、一両日中にはこれも完成予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA