宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス 宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス

里のブログ


敷居。

敷居を取り付けているところ。地味な箇所だけど、ここが直角になっていないと・・大工さんの腕の見せ所だ。後にあるのは、水平バランスをとる機械なのだ。
「敷居があまりに多くて呆然とする大工さんの図」では、ありませんよ〜。それにしても、多い。これに鴨居も合わせると、100を優に超える。

「てめえ、2度とこの敷居をまがせねえぞ!」な〜んて、古典的な台詞に出てくる、あの敷居。これが出来ないと、床が張れないそうです。で、本日、この敷居を取り付ける作業が始まりました。しかし、これが以外と難しいらしい。数㍉の誤差を調整して下に当て木をしたりして、結構細かな作業だ。で、当然、敷居のあとには、鴨居。これは、もう少し後になるらしい。

2 thoughts on “敷居。

  1. サンちゃん!久しぶりです。

    どんどん、部品が取り付いていますね。

    大工さんの後にある三脚はレベルですね。 丁寧な仕事をしている様子で、すこし安心しました。

    今度は、雪国2号さんの奮闘の様子もお願いします。

  2. 雪国さん、さすが設計士さんは、食いつくところがちがいます。現場では、「こんなに木に囲まれて仕事をするのは、初めて」と、苦戦しながらも充実しているようですよ。
     雪国2号さんとは、おとといオトーリを回しました。現場では、忙しそうなので、なかなか、声もかけられずにいますが、その内、ご紹介させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA