宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス 宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス

里のブログ


6棟目の建て方始まる。

材が届いて3日目。大工さん達も相当慣れて、きょう6棟目、極小タイプ(あさぎ屋)の建て方がはじまった。という事は、んつばた屋とましゃがま屋のの建て方は終了。明日からは、屋根部分の工事が始まる予定・・・が、天気が気になるところ。

大タイプ(だいばん屋)と同じ屋敷内に建つあさぎ家の建て方。

 

 それにしても、現場は、一気に6棟の外形が現れて壮観な感じ。全体が俯瞰できる場所があるといいんだけど・・クレーンの運転手にお願いしてみようかと考えたりして。で、鳥瞰図(鳥の目線)とはいきませんが、きょうの里を紹介。

里のシンボルツリー大松を背景に。いずれも中タイプで4、5棟目の建て方。

 

大松は、南側。写真は、右へパーンした目線。あさぎ屋の建て方が見える。

 

材は、こうして運ばれる。全ての材に「い」「ろ」「は」・・と、数字が書いてある。

2 thoughts on “6棟目の建て方始まる。

  1. 上棟式、MTVで拝見しました。これからは以前に増して時間の経過が早いと思います。スタッフの皆さんの頑張りに期待致します。春のオープンを楽しみにしています。
    そう言えば、足をけがされたそうで・・・メタボが原因でしょうか。オープンまでの大事な時期ですので、お体を大切にお過ごしください。

    1. 半農半遊人さん、そうですね、ほんとに時間経過が早過ぎて、逆に開き直っていたりします(笑)。まだ、オープンをいつにするか、決まっておりませんが、なるべく早く、オープンしたいと思っております。その前でも構いませんので、是非、遊びに来て下さい。
       足のケガは、メタボのせいではありません。メタボを解消しようと努力したせいです(一緒か?)。これからも、おつきあいの程、宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA