宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス 宮古島ロングステイのあたらしいカタチ 宮古島テラスハウス

里のブログ


早!

 

昼過ぎの現場。既に1棟目の組み立ては佳境に。

 

12㌢角の柱は、結構重い!と背中が言っていた。
なにやら、細かな手作業中。
火打と呼ばれる部分を作っていた。床のねじれを防ぐ補強材だ。
仕上げ材なので、傷つけないようにと慎重に作業していた。

 

隣では、2棟目の作業開始。この方が棟梁の星川さんだ。
1棟目の柱の組み立て完了。赤みの色が美しい。
手前が1棟目(かたあき屋)、なぐらし屋、すくばり屋と続く。

本日より、組立て開始。小タイプ3棟からスタートするが、午後2時頃、この時点ですでに2棟目。すっかり暗くなってから確認したら、なんと、予定通り3棟目の柱もほとんど立っていたよ。早い!。山形の大工さん達と宮古の大工さんの呼吸もばっちり。オトーリの効果は、てきめん(笑)です。2週間では、上棟までするというから、これくらいのスピードか。それにしても、柱が美しかった。で、きょうも、ミニ写真特集。

2 thoughts on “早!

  1. 早、はやっ!大工さんっていうか職人さん達素晴らしいですね!写真を拝見していると木の香りがPCから漂って来るみた〜い。

    1. S子さん、お察しの通り、ここに立つと、杉独特の良いかおりがするよ。プレカット、という工法で、昔、手作業でしていた複雑なさくりを機械でしているので、作業スピードは早いんだって。山形の大工さん達は、伝統工法の技術も持っているんだけど、今回は、コストパフォーマンスと工期の問題もあり、この工法にしたんだ。それにしても、その作業の早さには、びっくり!。きょうも宮古島は、快晴。後で写真アップするので、ご覧下さいね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA