里のブログ


安眠妨害。

夕方になると、里のシンボルツリー松の木に、決まってリュウキュウコノハズク君がやってきます。日が落ちきらない時に来る時もありますが、たいていは夜の帳が下りた頃、「コホッ コホッ」と泣き始めます。最初に里に泊まった時、この何とも言えない鳴き声に包まれて眠りのついた幸せ感は得も言われぬモノでした。が、初めにお断りしなければなりません。このフクロウ君、夜中にも、明け方にも遠慮なしにさえずり合っております。サンちゃんも、夜明け前に何度も起こされてしまいました。野鳥大好きなのに、これですから、クーラーの効いた静寂に包まれた部屋に慣れている現代人にとっては、考えものかもしれません。その場合は、雨戸を閉めて眠る手もありますが、里としては、是非、自然界の安眠妨害も経験してほしいと思うのであります。

大人の拳とほぼ同じ大きさ。同じリズムで鳴く時はまだしも、変調でさえずられたり、仲間同士でコンタクトする時には、とても気になって・・サンちゃんもトリ仲間なので(笑)。写真、クリックすると、大きくなるよ。

4 thoughts on “安眠妨害。

  1. トリ仲間のサンちゃんにコノハズク君たちの会話を訳して貰わんとね〜!っていうか、大酒飲みのイビキに比べれば・・・いえいえわたくしじゃ あ〜りませんよ!!
    落成式からここ数日の里の様子を拝見してますと 大勢の人で賑わって ちょっとしたお祭りのようですね〜。見学したら冷た〜いアイスコーヒーやかき氷などのサービスがあるって?? な〜んてね。

    1. sakuramochiさん、大酒飲みのイビキは困りますよね〜。録音して聞かせましょうか(笑)。
      見学会は、ほんとに大勢の方々に来て頂き、感謝です。来て頂いた方には、冷たいコーヒーはありませんでしたが、山形の名物タケノコ汁(熱い!)と生ゴーヤー(代表のご主人が生産)をプレゼントしました。でも、コーヒーとかき氷にしたらもっと良かったですね。これからも、アドバイスをお願いしますね。

  2.  あのさ、おれたち前からこの松を住みかにして暮らしてるの。近所にはアカショウビン君がいるし、サンちゃんも住人だから分かるでしょ。それで「かたあきの里」が出来たのはいいけど、ヨッパライな自転車乗りとか、イビキおじさんとかが泊まるのは、こっちこそ迷惑なので、お客さんを厳選してちょ。ホーゥ ホーゥ……
    (通訳:ヨッパライ自転車乗りの tandega でした)

    1. コノハズク君、あんちやーたー(あんやたん)。お邪魔虫は、私達の方なんですよね。そういえば、アカショウビン君が、最近、里の近くに来ません。うるさくしたので、おこったのかな(汗)。
      だいばん屋の時間も制限しなくては・・となると、tandegaさんと、takaさんは・・・どうなる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です