里のブログ


かたあきの里のコンセプトは、古い宮古の集落。だとすると、もっと貧しかったりしなければいけない。でも、その点では、「古」と「新」の交差点でありたいと思うんだ。実際、里の家の台所では、IHヒーターだし、サンちゃんのお母さんが欲しがったりする様な、立派な流し台だったりするんだよ。そこは、中途半端と捉えるか、発展系と捉えるか、微妙だよね。

 でも、批判って、何かするから出るんだよね。まずは、このかたあきの里がどういう評価を受けるのか、楽しみ・・というより、不安。でも、希望も持ってる。まずは、批評の対象になるところから始めようと思う。皆さん、辛口評価、待ってるよ〜。

ハイビスカス。かなりの大輪。数ヶ月、楽しませてくれる花。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です