里のブログ


木だらけ。

大タイプの台所から見渡した景色。オトーリの座り方なら、100人くらい座れそうだ。

木造住宅が少ない宮古島。かなり古い赤瓦住宅でも、基本構造は、コンクリートだったりする。なので、こんなに木だらけ(笑)って、ある意味慣れてない。だけど、障子戸を開け放つと以外と視界の木の割合が低かったりする。さすがに、冬は閉めるけど、夏、開けっ放しにするのが、今から待ち遠しい。きょうの宮古島、14度。サブッ。

(やっとサムネイル機能が回復。写真クリックすると、大きくなるよ!)

天井部分。屋根構造がそのまま見える。てっぺんが開いてるところから湿気を排出する仕組みに。
小タイプの屋根裏。子ども達が登らないか心配。サンちゃんにその気があるから(笑)。

2 thoughts on “木だらけ。

  1. 天井の見あげたところは、はじめて見ました。

    たくさんの杉材は、室内の湿度を調整してくれるとおもいます。

    完成がたのしみです。

  2. 遠い山形から届いた杉材が、こうして南の島で新たな役割を担っている事が不思議な感じです。履歴がはっきりしていることで、使う方も愛着が湧きます。これから百年住宅を目指して可愛がって・・・まだ、気が早いですね。とりあえず、来月の完成を待ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です